ONE CUT 〜写真とレンズとカメラ〜

レンズや写真、カメラなどが好きなブログ。色々な情報を書きたいように書いています。

【作例写真】Tokina opera 50mm F1.4 FF 実写レビュー 究極の標準単焦点レンズ!?

自分にとっての最高レンズを求めてこんにちは。あきら(@akiragraph)です。

 

最近引越しをしたところ、インターネットが使えなかったため更新していませんでした。

10月26日に発売したトキナーのopera 50mm F1.4 FF。トキナー公式サイトの作例写真を何度もみていた末にいつの間にか喉から生えてきました。

「こうやって物欲って消化されるんだな」なんて思いながら3時間だけ撮影を楽しんできました。

 

撮影したらもう完全に別世界。

 

標準単焦点はこのレンズ以外考えられないくらいに素晴らしいレンズでした。

 

 

1.「Sigma 50mm F1.4 DG HSM Art」と「Tokina opera 50mm F1.4 FF」の違い

実を言うと「Sigma 50mm F1.4 DG HSM Art」を所持していました。

CP+2018 ケンコー・トキナーブースでopera 50mm F1.4 FFを触った瞬間買い替えを決めました。

 

その後夏発売が10月下旬発売に変わってしまい大分待たされた感がありますが、マップカメラでキヤノンEFマウントを発売日に購入。

 

ちなみにふたつのレンズの違いはこんな感じ。

 

  opera 50mm sigma 50mm art
焦点距離 50mm 50mm
明るさ F1.4 F1.4
対応フォーマット フルサイズ フルサイズ
最小絞り F16 F16
最短撮影距離 40cm 40cm
レンズ構成 9群15枚 8群13枚
フィルターサイズ 72mm 77mm
質量 950g 815g
希望小売価格 138,000(税抜き) 127,000(税抜き)

 

はい。値段はトキナーの方が高いです。

今ならキャッシュバックキャンペーンで1万円安く購入する事が可能です。

 

両方ともキヤノンEFとニコンFどちらもあります。

 

Sigma のMC-11を使用すればふたつのレンズはSonyのフルサイズミラーレスカメラに装着して使用可能です。

 

2.「Tokina opera 50mm F1.4 FF 」レビューと作例写真

 前置きが長くなりましたが、本題。

今回は5D Mark IVにこのレンズをつけて横浜を撮り歩いてきました。

個人的には大満足なので、みてくれると嬉しいです。

 

f:id:akiraphoto:20181107222628j:plain

F:1.4 SS:1/6400 ISO:100

基本的には撮って出しの写真です。一部ホワイトバランス調整しています。

ちなみに周辺減光は少しありますが、気になるほどではないです。

 

f:id:akiraphoto:20181107223230j:plain

F:2.0 SS:1/125 ISO:100

なんとなくハロウィンが近かったので一枚撮ってみました。

 

f:id:akiraphoto:20181107223541j:plain

F:2.0 SS:1/1600 ISO:100

AFは素早く合焦してくれるのでスナップ撮影にも最適。

駆動音も全く気になりませんでした。

 

f:id:akiraphoto:20181107223807j:plain

F:2.0 SS:1/800 ISO:100

フレア・ゴースト耐性がトキナーはすごく弱いというイメージだったのですがこのレンズはしっかり対策をされているようです。

 

f:id:akiraphoto:20181107224322j:plain

F:2.0 SS:1/100 ISO:1000

 見た目に近い焦点距離のため撮影をしやすいです。

 

3.まとめ

標準レンズはこれ1本で十分だと思います。

AFはSigmaの50mm Artより早く正確に合焦してくれます。

 

Sigmaのレンズは正確に合焦してくれない時がよくあります。

ドックを使い、調整することも可能ですがそのために購入するのはどうなのかと思い使っておりません。

 

もし標準レンズを1本オススメするとすればトキナーのopera 50mm F1.4 FFを自信持ってオススメします。

 

Sigmaの50mm Artを売却する前に徹底した比較をしたいと思います。